OIAS創成記~ポイント制掲示板実現へ~

仮想通貨の使えるポイント制掲示板GiAnTa BBSで任意団体から営利法人を目指す(かも知れない)OIASの創成期の記録です

問題の本質は金融工学でもマネーゲームでもない

金融工学マネーゲームはしばしば、特に僕と似たような意見を持つ人からは良く、批判的な文脈で語られますが、僕自身は、問題の本質はそこではなく「公平だといわれている競争のルールが実は公平ではないこと」にあると考えています。

 

例えば、僕が尊敬する人物であり公益資本主義を提唱する原丈人さんは、「遺伝子工学は、もうちょっと背を伸ばしたいというような安直な理由で使われるべきでないのと同様、金融工学はもうちょっとお金を稼ぎたいというような安直な理由で使われるべきでない。金融工学は『実験室の中』に帰るべき」と主張します。
これに対して、僕は「金融工学がお金を稼ぐ手段という方向に偏って使われ過ぎているのが問題の本質で、金融について工学的に考えること自体は良いこと」と考えています。

例えば、「システム工学」という学問があり、それに沿って考えると「利子が指数関数的にお金をを増やす効果によって、格差がネズミ算的に拡大して行くことが問題だ」という考えが、ポジティブフィードバックによるシステムの発散、というごく基本的な原理で説明できます。

この「システム工学」のような最先端の科学技術で、経済のそもそもの目的である「財の適正な分配」をする仕組みを考えれば、それは人類にとって、とても有益なことだと考えられます。僕はこれを「システム経済学」と呼んでもいいかと思います。
そしてこういう説明をすれば今まで「金融工学反対派」だった方も納得していただけるんじゃないかと思ってます。この考えに基づいて僕は前にこのブログで対数関数的利子というのを提案しています。

 

ではマネーゲームはどうでしょうか?お金をゲームの対象にするのはけしからん、という意見ももちろんあると思います。
でも、現実として世の中には未来にはどうなるか分からない不確実なことがたくさんあります。それに対応するために「ゲーム理論」という学問があります。
FXはさすがにギャンブルのような関わり方をする人がいて借金が返せなくなったりするのは問題かもしれません。

しかし僕は、利子や分散投資によって持てる者が持たざる者より少ない労力でさらに多くのお金を手にすることが「確実」であることによる「格差の固定化」こそが問題だと思っていて、富める者がお金を増やす際に、失敗するかもしれないリスクがある事、そのリスクを積極的に取りに行くことはむしろ公平なのではないかと思っています。

いずれにせよ僕が思う公平な競争は「累進課税」を適切に設定した上での市場競争です。

最近流行っているらしい、トマ・ピケティ氏の著書『21世紀の資本論』では、グローバルな累進課税が必要と書かれているようですが、僕にしてみれば国際的な累進課税の包囲網の必要性はここに書いた通り何年も前に考えていたことで今更感はあります。

もちろん著書が売れるなりしてその主張が世間に広く知られてナンボという所はあるので、そういう意味では僕は(この場合は公平な)競争に負けたと言うことにはなるでしょう。

 

対数関数的利子にしろ、累進課税にしろ、世界の行く末の決定権を握っているのはそれに反対しそうな勢力ばかりなので、そこで主張を強めて受け入れてもらおうとすることより、ビジネスで成功を収めた上で発言権を持てるようにすることも僕にとっては重要です。
しかし、世間に広く受け入れられてしまっている「完全に自由な市場原理こそが公平な競争」という詭弁に疑いの目を向け「規制のない(自由な)経済的競争が、庶民の貧困からの自由を奪う側面がある」ということをわずかながらでも啓蒙することも、また意味のあることなのではないかと思い今日のブログエントリを書きました。