OIAS創成記~ポイント制掲示板実現へ~

仮想通貨の使えるポイント制掲示板GiAnTa BBSで任意団体から営利法人を目指す(かも知れない)OIASの創成期の記録です

プログラミングの楽しさ

twitterでもつぶやきましたが、最近、プログラミングをする機会が増えてきています。そのおかげか、プログラミングの楽しさを再認識しています。

機会というのは、一つには本業としてプログラミングができる状況になりそうなことです。それとは別にある会社の英語の教材のシステムの開発を、そちらは賃金をもらうのとは別の形のメリットがあるので手伝っています。さらにもう一つ、今までGiAnTa BBSとして構想していたシステムをAsk Monaという掲示板でAPIを利用させて頂いて実現を目指しており、合わせて3つのプログラミングの機会があります。

一時期、自分はプログラミングには向いてないんじゃないかとか、プログラミングを仕事にしてもあまり報われないんじゃないかとか思って、別の道を目指したこともありますが、最近はプログラミングの良さの方を強く感じます。

昔は色々アイディアを考え出して実現できもしない構想を練ることが好きで、誰かがそれを実現してくれればいいのに、と甘い考えを持っていましたが、このブログでも紹介したことのある、とある人が、自分より年も上でプログラミング経験も少ないのに、自分の力で自分の構想を実現しようと、ひたむきにプログラミングの勉強をしているのに感銘を受けたのも、プログラミングをしたいという気持ちを取り戻したきっかけの一つです。

人を動かす力がある人なら、プログラミングを他の人に頼むのも悪い選択肢ではないと思いますが、私には向いていないと最近は感じます。むしろ今のところ「英語の教材のシステムの開発」が一番コミュニケーション能力を必要とするような気がして、そのせいか、なかなか思うように進んでいないのが現状です。

Ask Monaのシステムは、もともと自分がやりたいことでもあり、モチベーションとしても高く取り組んでいたんですが、今ちょっと壁にぶつかって中断しています。Ask Monaの方がせっかく運よく巡り会えた自分の構想を実現するチャンスではありますが、英語の教材のシステムの方も、同じく自分の構想を実現するための道と信じて取り組むと誓った以上、途中でやめるのは男がすたると思うので、そろそろ本腰を入れて取り組もうと思います。

もちろん本業でのチャンスに支障が出ないようにというのも大前提で、難しいバランスをうまく取って行く必要がありますが、今後もプログラミングを楽しんで行けたらと思います。