読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OIAS創成記~ポイント制掲示板実現へ~

仮想通貨の使えるポイント制掲示板GiAnTa BBSで任意団体から営利法人を目指す(かも知れない)OIASの創成期の記録です

シリーズ「パズドラについて」No. 2

実は最近少しずつですがパズドラをやる日があります。ログイン特典をもらうためにログインだけするんじゃなくて、プレイしています。ブログを書くことで、またちょっとやりたいという気持ちが出てきたのかも知れません。

前回、私がパズドラをやっていると使わないモンスターがたまっていく、という話をしましたが、その理由として「モンスターが自分の意思に反して失われるリスクが無い」ことも挙げられます。これはパズドラに限った話ではなく、私が少ないながらやってみたソーシャルゲームではもれなく、希少性のあるアイテム・カード・キャラ・モンスターなどはユーザーの意思に反して失われることはないようでした。一方、アイテム課金ではない昔のネットゲームでは、敵とのバトルに負けるなどすると自分の意志に反してアイテム等が失われることにつながることが多かったように思います。

このことは一度手に入れたものはなるべく手放したくない私にとってはうれしいシステムではあります。しかし「敵とのバトルに緊張感がなくなる」というデメリットがあります。それ以上にまずいのは「一度レアな(使う価値のある)アイテム(パズドラの場合モンスター)を手に入れてしまうと、それより使う価値のないアイテムの必要性が無くなってしまう」という欠点がますます顕在化することです。

パズドラには、バトルに行くと消費され、時間が経つと回復する「スタミナ」というパラメータがあります。これによってプレイヤーには「スタミナが回復するまで待つ」という行動が促されます。これは「子供がゲームを長時間やりすぎないようにする」という効果を狙っているのかも知れませんが、私自身やり始めたときは明らかにやりすぎと思えるくらいの時間プレイしていた記憶もあり、効果があるのかどうかは疑問です。

もしこの「スタミナ」がプレイヤーに対してではなく、モンスター一体一体に対してそれぞれ設定されていたらどうでしょう?強い(使う価値のある)モンスターをいつも使うためには「待つ」という行動が必要とされますが、少し弱いモンスターで我慢すればゲームを続けることができます。子供が長時間云々という意味ではモラルの面で少し劣るシステムになりますが、弱いモンスターも残しておく価値が生まれます。なお、この場合スタミナの回復にかかる時間は現状より長くする必要があるでしょう。

実はこの「スタミナをモンスターに設定する」というアイディアを発表することが、パズドラについて延々と書き続けてきた目的だったりします。という訳でパズドラについての話題はここでいったんストップとしたいと思います。また何か思いついたら書くこともあるかも知れません。それでは。