OIAS創成記~ポイント制掲示板実現へ~

仮想通貨の使えるポイント制掲示板GiAnTa BBSで任意団体から営利法人を目指す(かも知れない)OIASの創成期の記録です

GiAnTaの読み方

今更ながら「GiAnTa」の読み方について。GiAnTaは一体どう読むのか疑問に思っておられる方も多いのではないかと思うが、実はまだ正式には決まっていない。
GiAnTaは「Give And Take」と言う言葉を縮めたものだと言うのは過去のエントリで書いたが、私の中では「ジャイアンタ」と読むことが多い。「ジャイアンタ」は私の体が人並より大きいことに引っかけた名前にもなっていたりするのだが、その他「ギアンタ」にしようかと言う案もあったり、「ギブアンドテイク」を縮めたのなら「ギアンテイ」が自然なのかもしれないと思うがあまりにも語呂が悪いので保留していたりする。
実は後から気づいたことだが、GiAnTa BBSは、まず良いと思う投稿に対してポイントをGiveし、その見返りとして次から自分も、あとからその投稿にポイントをGiveする人のポイントの一部をTakeできると言う、まさに「Give And Take」の名を冠するに相応しいシステムとなっている。世の中にはテイクアンドギブ何とかという名前のベンチャー企業もあるようだが、やはりギブがテイクの前に来るのがこの言葉の精神の中核をなす物だと私は思っている。
話を元に戻すと、去年Happy Projectの望年会にSkypeで参加した時、「ジャイアンタ」と読んで下さいと言ってしまったことも有り、そろそろ正式名称を「ジャイアンタ」に決定してしまおうかと思っている。