読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OIAS創成記~ポイント制掲示板実現へ~

仮想通貨の使えるポイント制掲示板GiAnTa BBSで任意団体から営利法人を目指す(かも知れない)OIASの創成期の記録です

特許制度の民営化

特許審査の民営化や、特許庁の民営化と言うのは過去に日本でも検討された事がある様ですが、特許制度の民営化と言うのは検討された例が無いようです。アイディアを勝手に使うことを禁止すると言う現行の制度は、法律の縛りが無いと実現できないからでしょう。

しかし、現行の特許制度がアイディアのマネタイズ(お金にすること)を助け技術の発展に寄与するのにベストなものかと言えば、私は大いに疑問を感じます。現状、クロスライセンスと言って、他企業に特許を取られている技術を使うために自企業の特許の使用許可を代わりに与える、と言う大企業間の取引のために特許が主に使われていて、特許が多数とられている分野では、中小企業の新規参入のみが阻まれている、と言う状況があります。

言ってみれば物々交換のような状況であり、非貨幣経済に興味のある私にとっては個人的には面白いと思う面もあるのですが、アイディアと言うものはその分野に詳しい専門家だけで凝り固まったところからは実は意外と生まれにくいもので、新規参入者が常識破りの面白いアイディアでイノベーションを起こすと言うことが結構あるものです。

そこで、いっそのことアイディアのマネタイズの制度自体を民間の力に任せてしまえば良いのではないかと私は思いました。世界が情報化する中でアイディアと言うもの自体の価値が無くなっていく、と言う意見の方もおられますが、私はそれは極論だと思っています。しかしアイディアの利用を発案者の許可制にすることは弊害も大きく、必ずしも必要ではないのではないかと思うに至りました。

手法としては私がGiAnTa BBSの仕組みとして既に述べていることを少し応用すればできると思います。いかがでしょうか?