読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OIAS創成記~ポイント制掲示板実現へ~

仮想通貨の使えるポイント制掲示板GiAnTa BBSで任意団体から営利法人を目指す(かも知れない)OIASの創成期の記録です

誤解

ビジネス・経済 GiAnTa BBS

自転車操業についての誤解

もう大分昔、「自転車操業は犯罪ではない」と言うエントリーを書いたことがあります。

http://oias.hateblo.jp/entry/20090205/1353933007

それを今日このatmarkitの記事

http://jibun.atmarkit.co.jp/lskill01/rensai/teakaikei/85/01.html

を見て思い出しました。ここには自転車操業がどうして悪いのか分かりやすく書いてあります。

これを見て気付いたのですが、「自転車操業」と言う言葉には2つの意味があります。一つはatmarkitの記事にある「出資と利益の混同」で、簡単に言うとすでに出資している人への分配金を、他の人からの出資金から支払うことです。もう一つは私が「犯罪ではない」と擁護した、零細企業が「借金を返すために別のところから借金をする」と言うことを繰り返すタイプの自転車操業です。

少なくとも「出資と利益の混同」の方の自転車操業については犯罪にまであたるのかは私には分かりませんが、明確に会計ルールに違反しているようです。この点で私の過去のエントリーには誤解に基づく誤った記述があったことを(今さらですが)お詫びし、撤回します。

ところで、「出資と利益の混同」は、返すあてのないお金を返せますと騙してお金を集めるという点で、詐欺的な意図が感じられますが、その点、借金を返すために借金をするタイプの自転車操業はどうでしょうか?確かにこちらも「お金は返せます」と言わないと基本的に借金はできないはずなので同じなのかも知れませんが、私の感想としては出資を募る方の自転車操業より悪意を感じないのは、単なる個人的な感じ方の違いなのでしょうか?専門家ではないので確かなことが言えないのは歯がゆいところです。

ところでGiAnTa BBSは法律的には

たまにGiAnTa BBSはマルチ商法的な要素があるのではないかと批判を頂くことがあります。私の意見を言うと、GiAnTa BBSは親(先に出資した人)より子(後から出資する人)の方が多くの分配金を得られる可能性がある、と言う点で、マルチ商法の持つ問題を根本的にクリアできているのでシステム的には問題はないはずだ、と言う意見です。

もっとも人によっては理髪店で友達を紹介したらカット料を割引して安くする、と言うのもマルチ商法だと思われてしまったり、新しいもの、よく分からないものはとりあえずマルチ商法だと言ってしまえ、と言うこともあったりする(この点は資本主義を改良する試みはとりあえず共産主義だと思われてしまうのに近いものがあるかも知れません。)ようなので、あまり気にしてもしょうがないのかも知れません。

しかしGiAnTa BBSを実現する上で法律的に問題となりそうな点については、早めに専門家のアドバイスを頂いておいた方が良いかも知れないとは思います。