読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OIAS創成記~ポイント制掲示板実現へ~

仮想通貨の使えるポイント制掲示板GiAnTa BBSで任意団体から営利法人を目指す(かも知れない)OIASの創成期の記録です

流動資産税〜理想の税・SEO〜

最近、大阪都構想の橋本氏が貯蓄税を導入しようと提案し、話題になっているようだが、実は私はもう10年くらい前に貯蓄税と言うものを思いついていた。もっとも、その時点でGoogle 検索してみたら7件程度ではあったがヒットがあったので貯蓄税と言うものを考えついたのは私が初めてではないが、その時見たサイトでは全て否定的な文脈で語られていた。
このブログでも流動資産税と言う表現でごく軽くではあるが触れたことがある。私のブログにはGoogle Analytics を導入しているので(今は設定が悪いのか表示されないが)このブログにアクセスされた方が、どんなキーワードで検索して来られたのか分かるようになっていたのだが、「流動資産税」と言うキーワードは
結構上位だった。そこで、貯蓄税・流動資産税について触れることはこのブログのSEO対策としても有効なのではないかと思ったので、今回は貯蓄税も含めた理想の税の在り方について考察してみたい。
過去のエントリーを読んで頂ければ分かる通り、私は左寄り、と言うと語弊があるかも知れないが、ハイエクよりはケインズの考えを支持する立場だ。しかし最近話題の橋本氏には若干相容れないと感じる面もあるものの、期待する面もある。
私は累進課税が正しい税の在り方だと信じているので、消費税には反対だが、かと言っ国の財政赤字を放置して良いと思っている訳ではない。所得税を上げれば良いと思いはするが、汗水流して働いた稼ぎに税を掛けるのは如何なものかと言う疑問も、もっともな物だとも思う。
そこで生活や企業活動を守る為に必要な以上に無駄に溜め込まれた貯蓄に課税するのが良いのではないか、と言う考え方にたどり着く。詳しくは知らないが、共産党に企業の内部留保に課税しようと言う案もあるらしい。
有名な話だがイスラム教では利子を取る事は、禁止されている。また、知って居られる方は少ないと思うが、ゲゼルと言う老化する貨幣と言う物を提唱した学者もいる。こうしてみるとお金がお金を生み、格差が指数関数的に広がる事を良しとしない考えは、別に突飛なものではないのだ。
一方、社会的に有益な事業に長期的に投資をして利潤を得ることは、私は悪いことだとは思わない。むしろ良いことだとさえ思う。どのような投資が社会的に有益か線引きはなかなか難しいと思うが、こうした活動は課税せず優遇するべきだと思う。
私が構想しているGiAnTa BBSでは、現実の政治経済世界では実現が難しいような制度も積極的に取り入れ、実験してみたいと思っているが、一方で私の理想を押し付けるのも良くないと思うので、バランス取りがなかなか難しい。もっとも、バランス取り以前に私の構想をまずは現実の物にするという所から困難だらけなのだが。