OIAS創成記~ポイント制掲示板実現へ~

仮想通貨の使えるポイント制掲示板GiAnTa BBSで任意団体から営利法人を目指す(かも知れない)OIASの創成期の記録です

テレビについて

ブログの新装開店をしたものの、最近本業が本当に忙しく、更新の時間が取れていない。新装開店の宣言だけで読者を釣ろうとした訳では決してないことを釈明しておきたい。GiAnTa BBSの開発も凍結状態なのでそれについては書くことがないが、今日は別件のコラムを一つ。
地上アナログテレビ放送が間もなく終わろうとしているしている今日、私はある夢を見た。簡単にまとめるとそれはある無法者新参テレビ局が痛快な内容の放送で世間を騒がせ、私がそれを面白がって見ていると言う、まさに夢だから見られる現実には考えられない内容のものだ。そのあとは何せ夢なのでなぜか私がそのテレビ局の経営者になって好き放題な内容を流すというはちゃめちゃな展開になった。
そんな夢のあと夢うつつの中で考えていたのだが、地上テレビ放送に新しい風を吹き込んでくれるベンチャースピリットにあふれた会社はもう現れてはくれないのだろうか?しばらく前に収監されてしまったホリエモンは、その功罪については色々言われているが、少なくともフジテレビ買収の話が持ち上がった頃、私は随分期待していた。SBIの買ったフジテレビ株はその後どうなったのか知らないがソフトバンクの孫さんは携帯事業や最近では太陽電池で、テレビ事業に手を出している余裕はなさそうだ。
ところで地上波テレビについて私がぼんやりとベストだと考えていたのは、地上アナログを1チャンネルだけ残し、それをテレビ局各社が共同利用する一方で、地上デジタルは多チャンネル化する、と言う方式だった。それなら地上デジタルに移行できない人も今までよりかなり不便にはなるが、テレビを全く見られないと言う状況は避けることができる。しかし現実には震災への特別措置は除くと、やはりアナログは完全停止ということになってしまった。そしてデジタルはと言えば既存テレビ局が既存枠でのみ放送を続けるという全く面白くない展開になってしまった。
最近引っ越して一人暮らしを始めたのだが、部屋にテレビは置かないことにした。デジタルテレビも随分安くなり、携帯電話でも見ようとすれば見られなくはないのだが、ほとんど見ていない。忙しいせいもあるのだが、昔は大好きだったテレビに、今はもう魅力を感じなくなってしまったことが大きい。
せめて東京に居た頃しばしば見ていた放送大学MXテレビが、地元広島でも見られるようになると言うようなことがあれば、個人的な話ではあるが少しは魅力が増すかも知れない。