OIAS創成記~ポイント制掲示板実現へ~

仮想通貨の使えるポイント制掲示板GiAnTa BBSで任意団体から営利法人を目指す(かも知れない)OIASの創成期の記録です

特許と著作権の違いは何故

現在、特許制度は登録制であり、すなわちアイディアは特許庁に申請をして認められない限り保護されない。一方、文章や音楽や絵画などの著作物は、作った時点で何もしなくてもコピー禁止など様々な権利が認められることになっている。このような違いは何故設けられたのだろうか?
確かに直感的にはアイディアの方が著作物より誰が最初に生み出したものなのかと言うトラブルが発生しやすいと思われ、特許だけが登録制であることには合理性があるようにも思える。
ところで、私の知識が確かならば、特許制度で保護されるのは産業上利用可能なアイディアであり、絵の描き方の技法などのアイディアは保護されない。だがこのような著作物に関わるアイディアを保護して欲しい場合も当然ありうるだろう。
もっと知的財産を包括的に保護できる画期的なシステムは作れないものだろうか。