OIAS創成記~ポイント制掲示板実現へ~

仮想通貨の使えるポイント制掲示板GiAnTa BBSで任意団体から営利法人を目指す(かも知れない)OIASの創成期の記録です

今度の選挙には行かないことを宣言する

最近は野田総理が衆議院を解散したので行われる選挙の話題でマスメディアなどでも持ちきりだ。私もどの政党・候補に投票するかずいぶん考えたが、結局今回の投票には行かないことに決めた。
良く「選挙にも行かないのに政治について語ったり不満を述べたりする資格はない」とか、「どの候補も支持しないのであれば白票を投じるべきだ」などと言われるが、私はこれについては異論がある。私はわざわざ労力を費やして白票を投じると言う行為は、「支持する特定の政党や候補はいないが、現在の投票制度に基づく代議制民主主義と言う制度には従って政治に参加する」と言うことの意思表示だと思っている。しかし私はこの「投票に基づく代議制民主主義」と言う旧態依然としたシステムを良しとしない考えだ。
近年の投票率の低下を現代人の政治への無関心の現れとしてとらえる風潮がある。それはある意味では正しいのかも知れないが、少なくとも私が投票へ行かないことはそうではなく現在の政治システムそのものへの不支持と言う明確な意思表示だ。それを明確にするためにも私はこうしてブログにこのことを書いている。投票に行かないから政治について語る資格がないと言うのは俗説であって法律で決められているわけでもなんでもないし、投票は匿名で行われるので、こうして選挙に行かないことを宣言したからと言って、本当に選挙に行っていないかどうかは私以外誰も知らないことなので、私が政治についてブログに書くことを止めることは誰にもできない。
投票に行かない人が増えているのも、私ほど明確な意思は持っていないかも知れないにせよ、漠然と同じような考えを持っている人が多いからではないかと私は考えている。若者が選挙に行かないから若者に不利な政策が採られるのは仕方ない、などとレッテル貼りされるが、繰り返しになるが投票はあくまで匿名で行われるので投票していないのが若者であると言う根拠は無い。
議会制民主主義に文句を言うのなら対案を出せ、と言われるかも知れない。私の発案ではないが、賛同するアイディアならある。評論家の東浩紀さんがはてな社長の近藤淳也とPICSY提唱者鈴木健さんとの対談の中で語っている「政策ごとに選挙権を分割すべき」と言う部分だ。かつて児童文学作家のミヒャエル・エンデさんは「パン屋でパンを買う購入代金としてのお金と株式取引所で扱われる資本としてのお金は2つの全く異なった種類のお金とすべき」と言う名言を残した。私はこれに「政策ごとに分割された投票権として、全ての人に平等に与えられる権利(お金)」を組み合わせるのも、有りなのではないかと考えているのだ。私の提唱するポイント制掲示板GiAnTa BBSでも、まだ考えが固まってはいないが、ポイントをいくつかの色のようなもの(ベクトル)に分かれる多元的な物にしたらどうかと、色々構想を練っている。

Happy Project参加

実は最近転職活動をしていたのだが、不採用と言う結果になった。残念だと言う気持ちは強いが、その転職先は私のしたいこと(GiAnTa BBS)とは関係ない職場だったので、採用されていたら仕事として自分の本気でしたいことを実現する道は断たれていた。だからこれでよかったのかも知れない、と自分に言い聞かせて納得しようとしている。転職活動の関係もあって忙しく、このブログの更新も途切れていたが、更新回数を増やすと宣言したこともあるので、そろそろ更新を再開しようと思う。

つい最近Happy Projectと言う、次世代通貨を提案し実現しようとしているプロジェクトのGoogleグループ(メーリングリスト)に参加させて頂くことになった。詳しい仕組みはこちらのページで紹介されているが、減価する通貨やベーシックインカムの仕組みを取り入れている所など、とても面白いと思う。実はGiAnTa BBSにも似たような仕組みを取り入れようと漠然と考えてはいたが、水門のアナロジーで解説してシステムに取り入れることをはっきり表明している所などは見事だと思う。GiAnTa BBSと違って純粋な贈与をシステムの核心部分としている所や、非営利のプロジェクトとしようとしてる所など、多少方向性の違う部分はあるが、何とか協力し合ってやって行ければ素晴らしいと、私としては思わせて頂いている。

Happy Projectのメンバーの方はPICSYのこともご存じなようで、MLで、「GiAnTaとPICSYの違いは何ですか?」との質問を頂いた。私の中でもそれはまだ明確になっていなくて、モゴモゴとお茶を濁すような回答をすることになってしまった。共通点としては「全ての支払いが投資になる」と言う点だが、違いは、あまり上手くは言えないが「PICSYは良いと思った物(サービス)に自ら積極的に投資しても、金銭的にはメリットが無いシステムで、物(サービス)の提供者が対価を支払うことを強制する必要があるのに対し、GiAnTaは良いと思った物(サービス)に自ら積極的に投資することで、得する可能性があるシステムであること」と言うことになるかと思う。GiAnTaとPICSYとの比較は興味深いテーマなので、今後もこのブログで取り上げようと思っている。

Happy ProjectはGiAnTa BBSプロジェクトと違って、規模も大きく勉強会なども(最近は前ほどではないようだが)頻繁に開かれている。評価経済の岡田斗司夫さんとの繋がりもあるようで、次世代通貨を実現するポテンシャルはかなり高いと言えると思う。今後私も積極的に関わらせて頂きたいと、楽しみにしている。

GiAnTa BBS概要

今までGiAnTa BBSについて知らない方に一から説明するためのまとまった情報が無かったので概要をまとめてみました。ついでに核となっているアイディアも公開します。

コンセプト

GiAnTa BBSは、知的生産活動に対する対価を発生させる、コピー・模倣規制以外の方法を探ることを目的としたポイント制掲示板(投稿サイト)です。

背景

現在インターネットの世界では限りなく多くの情報(コンテンツやソフトウェア)が無料で提供されており、それらはとても便利な一方、情報は無料であることが当たり前だと言う風潮を生み出し、知的生産活動から対価を得ることは難しい状況となっています。この状況への対策として、情報の不正なコピーに対しては技術や法律の面から規制して行こうと言う動きがありますが、これらは不正コピーを行わない者に対しても不便や不利益を強いる側面があります。またオープンソースソフトウェアやコピーフリーコンテンツ など、そもそも無料で配布されている情報に対しては、これらの規制は働くはずもありません。ごく一部に、ソフトウェアをコピーフリーにすることは不当廉売であり規制すべきと言う議論もありましたが、そのような規制は逆に社会に対して有害である可能性が高いでしょう。このように知的財産の生産者と利用者の利益は現状では相反するものとなっている面が否めません。

手段(アプローチ)

こうした状況に対して風穴を空けるべく現在開発中なのがGiAnTa BBSです。GiAnTa BBSでは、「投資と決裁の中間の性質を持つ支払い」に使える、コミュニティー通貨としての性質を持つ「ポイント」をやり取りすることができます。人から評価されるような投稿ほど、また、評価されるような投稿を多くしたユーザほど、より多くのポイントを集めることができます。多くのポイントが集まった投稿は、ポイントの少ない投稿に比べて目立たせることによって、ポイントに価値を持たせています。ポイントは法定通貨(リアルマネー)との互換性・交換性を持たせることなども考えていますが、コミュニティー通貨としてある意味では法定通貨を超えるような価値を持たせることができれば、と言う野心的な目標も掲げています。

具体的手法

掲示板の投稿に対して先にポイントを投資しているユーザに、後から別のユーザから投資されるポイントの一部を分配します。
具体的には、例えば閲覧者Aが100ポイント、閲覧者Bが200ポイントを投稿Aに投資しているとします。
閲覧者Cが400ポイントを投稿Aに新たに投資するとき、まず投稿者に例えば4分の1である100ポイントが分配されます。
続いて残りの300ポイントの例えば1割である30ポイントが、投資しているポイント1:2に比例して閲覧者Aに10ポイント、閲覧者Bに20ポイントの比率で分配されます。
残りの270ポイントが閲覧者Cが投稿Aに対して持つことのできる持ち分となります。
次に閲覧者Dが投稿Aにポイントを投資する際はそのうち4分の1が投稿者に、さらにその1割が110:220:270の比率で閲覧者A、B、Cにそれぞれ分配されます。

関連既存技術

アイデアを投資対象とし、良いアイデアには高い仮想株価が付き評価される既存システムとして、はてなアイデアがあります。しかし、はてなアイデアにおいてはアイデアに変動する株価が付き、ユーザ間で取り引きされるようになるまでには、システムから一定額で一定数の株をユーザが買うのを待たなければならない事がネックとなり、活発にアイデア株の取引が行われないと言う問題点があります。
対価の支払いや受け取りが、投資としての性質を持つシステムとしてPICSYがあります。しかしPICSYは良い情報に積極的に投資をしようと言うインセンティブを発生させるシステムではありません。

アイディア公開予定

先日、id:elm200さんのSkype 相談サービスを利用した。
http://d.hatena.ne.jp/elm200/20120228/1330402358
GiAnTa BBSのための基礎研究のため大学院の博士課程に進学するかどうか迷っていると言うのが主な相談内容の一つで、id:elm200さんは、それより技術力のあるベンチャーにでも転職してGiAnTa BBSをさっさと実現する道へ進んだ方が良いだろうと言うご意見で、そのためにとりあえずGiAnTa BBSの最も肝になる部分だけでも実装して世に出してしまうと良いのでは、とのことだった。
その他にもとても参考になる意見を色々頂いたが、進学については私の中でまだ結論は出ておらず、実装はこの前相談した以前の職場の先輩にも勧められており、したいとは思っているのだが今一つ重い腰が上がらない。しかし、アイディアを公開して、よりほんのわずかでも多くの方に知って頂く方が良いのではという点では意見が一致している。
進学先の候補の教授にも相談させて頂いたのだが、論文を出すにせよ、ブログのようなインフォーマルな形でなら、アイディアを公開してもそれ程差し障りはないだろうとのご意見だった。
id:elm200さんには、特許は取れたとしても個人では訴訟を起こして権利を主張するなど極めて難しく、あまり役に立たないだろうと言う貴重な意見も頂いた。しかし一応出願だけでもしていることによって安心感はある。

と言うことで、私のGiAnTa BBSの肝となるアイディアについて、近日まとめて公開する予定なので、乞うご期待。

おかげさま

このブログの現在のメインテーマであるポイント制掲示板GiAnTa BBSプロジェクトに頼もしい協力者が現れた。PHPで動くフレームワークを使ったWeb系プログラミングのプロ で、GiAnTa BBSの実装全てを引き受けるのは難しいが、私の作ったプログラムにセキュリティホールがないか軽くチェックくらいならしても良いと言って くれた。酒の席(とは言っても彼はノンアルコールビールだったが)でのことなので、どこまであてにして良いかは分からない。しかしポイントを不正に操作されないことが肝のプログラムのセキュリティをどこまで上げられるか大いに不安だった私にとって、とてもありがたいことだ。
またつい先日、以前私が従業員としてお世話になっていた特許事務所に逆に顧客として依頼した特許明細書の案も出来上がり送られてきた。人付き合いは苦手な 私だが、人脈と言うほど大袈裟な物は持ち合わせていない私だが、過去に縁があった方々の御協力を得ながらプロジェクトを前に進めて行けていること は、ありがたく、また感慨深く感じる。
プロジェクトはここに来て大きく動き出しそうだが、まだ今の仕事を辞めてGiAnTa BBSに全力を注ぐのは時期尚早だと思っている。何より今の職場でも上 司にあたる先生方や先輩にあたる研究員の方々に大変お世話になっている。だから言い出しにくいと言うのもあるし、実際急に辞めると言えば実際に迷惑も掛かるだろう。かと言って私が今の職場でそれほど役に立っているかと言えば、多分立っていない。しかしだからこそ、今仕事を辞めることは自分の責務を全うできない苦しさからの「逃げ」としての側面が強い。本当にポジティブな自分の夢のための転職・起業あるいはそのための研究所への転学・進学などの選択だと言い切れる決断ができるまで、私はむしろ色々辛いことがあっても耐えて今の仕事をやり抜くことが、夢の実現のためにもかえって役立つのではないかと思う。
しかし一方で、来月から給料も安くなる代わりに仕事の負担が軽くなるのは予定されていることなので、余裕のある時をみて、プロジェクトを前に進めるのはぜ ひやっておきたいことだ。今日飲みの席で「30代の今は仕事人生の大事な時期なんだから望んでいない仕事をするより思い切り自分のやりたいことをやるべき だ」と言われた事に対する答えに、これで成っていれば幸いだ。
2012/12/13追記
このエントリを書いた時から少し状況は変わり、今は私の業務を引き継いでくれそうな人が居り、今の職場を離れてもそれ程迷惑はかからないのではないかと思う。私の夢を実現するために今の仕事を辞めるか、今の職場に居続けながら私の夢を実現する道を模索するか、いずれにせよ後悔の無いようしっかり考えて行動したいと思う。

流動資産税〜理想の税・SEO〜

最近、大阪都構想の橋本氏が貯蓄税を導入しようと提案し、話題になっているようだが、実は私はもう10年くらい前に貯蓄税と言うものを思いついていた。もっとも、その時点でGoogle 検索してみたら7件程度ではあったがヒットがあったので貯蓄税と言うものを考えついたのは私が初めてではないが、その時見たサイトでは全て否定的な文脈で語られていた。
このブログでも流動資産税と言う表現でごく軽くではあるが触れたことがある。私のブログにはGoogle Analytics を導入しているので(今は設定が悪いのか表示されないが)このブログにアクセスされた方が、どんなキーワードで検索して来られたのか分かるようになっていたのだが、「流動資産税」と言うキーワードは
結構上位だった。そこで、貯蓄税・流動資産税について触れることはこのブログのSEO対策としても有効なのではないかと思ったので、今回は貯蓄税も含めた理想の税の在り方について考察してみたい。
過去のエントリーを読んで頂ければ分かる通り、私は左寄り、と言うと語弊があるかも知れないが、ハイエクよりはケインズの考えを支持する立場だ。しかし最近話題の橋本氏には若干相容れないと感じる面もあるものの、期待する面もある。
私は累進課税が正しい税の在り方だと信じているので、消費税には反対だが、かと言っ国の財政赤字を放置して良いと思っている訳ではない。所得税を上げれば良いと思いはするが、汗水流して働いた稼ぎに税を掛けるのは如何なものかと言う疑問も、もっともな物だとも思う。
そこで生活や企業活動を守る為に必要な以上に無駄に溜め込まれた貯蓄に課税するのが良いのではないか、と言う考え方にたどり着く。詳しくは知らないが、共産党に企業の内部留保に課税しようと言う案もあるらしい。
有名な話だがイスラム教では利子を取る事は、禁止されている。また、知って居られる方は少ないと思うが、ゲゼルと言う老化する貨幣と言う物を提唱した学者もいる。こうしてみるとお金がお金を生み、格差が指数関数的に広がる事を良しとしない考えは、別に突飛なものではないのだ。
一方、社会的に有益な事業に長期的に投資をして利潤を得ることは、私は悪いことだとは思わない。むしろ良いことだとさえ思う。どのような投資が社会的に有益か線引きはなかなか難しいと思うが、こうした活動は課税せず優遇するべきだと思う。
私が構想しているGiAnTa BBSでは、現実の政治経済世界では実現が難しいような制度も積極的に取り入れ、実験してみたいと思っているが、一方で私の理想を押し付けるのも良くないと思うので、バランス取りがなかなか難しい。もっとも、バランス取り以前に私の構想をまずは現実の物にするという所から困難だらけなのだが。

Winny無罪判決に思うこと

年末に近い休みで色々とやることもあるのだが、まずはブログの更新。今回はこのブログから初めてのトラックバックを貼ってみようと思う。対象はだいぶ昔の記事になるがid:KoshianXさんの「不況や就職難の原因は警察と検察とメディア」と言う記事だ。
http://d.hatena.ne.jp/KoshianX/20101226/1293342817
id:KoshianXさんは某IRCで初めて私のブログを見て頂いた方であり、歯に衣着せず書きたいことは思う存分書く方なので、時々「私はその意見には反対です」と言いたくなるようなことを書かれることもあるのだが、Winny作者逮捕に批判的な立場であることなど、私と共通する意見を持っておられることも多い。そのWinny作者であるが、最近無罪判決が確定したようである。前から当エントリのような内容を書こうと思っていながら躊躇われていた部分もあったのだがこれで思い切って書けるというものだ。
白状すると私はWinnyにとって代わるようなソフトウェアを作ってみたいと思っていたことがあった。Winnyと違うところは、著作権法に触れるようなファイルにフィルタを掛け排除し、その上でオリジナルコンテンツを提供したものにインセンティブを与えるようなソフトを目指したことだ。今のGiAnTaプロジェクトの原点と言っても良い。実際に作れなかったのは私の実力不足に因るところが大きいのだが、やはりWinnyの作者逮捕(以下Winny冤罪事件と言う)によって、フィルタを掛けても排除しきれない著作権法違反行為のために公権力からの圧力を掛けられ人生を台無しにしてしまう恐れから、私の開発意欲は大いに委縮したことは否めない。金子勇氏の「Winnyの技術ISBN:9784756145482」と言う本も買おうとしたことがあったが、ためらった末、結局今日に至るまで買っていない。
だが、Winny冤罪事件によって、かえって私の反骨精神のようなものが刺激されたことも事実である。著作権法違反が問題だと言うなら、その部分をサーバ管理による削除で徹底的にクリアにし、かつ今までのコンテンツ流通業者の搾取の網に乗らない著作者への対価還元システム・新しいビジネスモデルを作ろうと言う思いが沸々と湧きあがった。金子勇氏はかつてWinny開発の際は徹底的に自分の正体を明かさない方向で頑張っておられ、それはそれで評価すべき姿勢だと私は思うが、私のやり方としては、今はブログで実名公表こそしていないが、サービス公開の際には正々堂々と実名でやるつもりだし、実名でしか取れない特許の取得も考えているし、今でもリアルの知り合いに当ブログを見せたりしている。Winny作者が逮捕された理由に「著作権法に挑戦的だった」と言うのが有ったと記憶しているが、「旧態依然としたビジネスモデルに挑戦的だ」と言う理由で圧力を掛けられる言われは何もないし、もしそんなことで逮捕されるのだとしたら、そんな終わっている国は出ていく以外の選択肢は私にはない。
私見だが、Winnyの社会に与えている悪影響を考えると、確かにWinny作者逮捕が100%悪かったと言いきれない面もあると考えている。私の開発意欲を萎縮させた面もあるが、それは結局曲げられたと言えばそうかも知れないが違う方向に伸びていった。しかしWinny作製に対する冤罪逮捕と言う100%とは言えないものの間違っている蓋然性の高い行為を犯した京都府警などに対し、私は何かペナルティがあってしかるべきではないかとも思うのである。