読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OIAS創成記~ポイント制掲示板実現へ~

仮想通貨の使えるポイント制掲示板GiAnTa BBSで任意団体から営利法人を目指す(かも知れない)OIASの創成期の記録です

市場メカニズムの使いどころ

久しぶりに、このブログの真骨頂(?)である、政策提言的なことにもかかわる経済に関する話。

市場原理(メカニズム)というのは、「原理主義」という言い方で批判的な文脈で語られることもある(私自身も語ることのある)ものではありますが、基本的には私は便利なツールだと思っています。何しろ私が提唱するポイント制掲示板「GiAnTa BBS」の仕組みも、アイディアやコンテンツの価値を市場メカニズムを応用して測ったり高めたりしようという発想から生まれたものですから。

しかし、市場メカニズムの機能の源泉である「競争」というものは、非効率性を含むものであることもまた事実です。もちろん競争が無さ過ぎれば多くの公共事業が批判されるように非効率なものが生き残ってしまう面もありますが、逆に価格競争などの競争が行き過ぎたために業界全体が衰退してしまうという例もあります。

また私自身もかつて研究者を志す身でしたが、研究の世界も「似たような研究を多くの機関でしていて、どこが一日も早く論文に成果をまとめて出すか」という熾烈な競争の世界ですから、研究者の知り合いからも聞き、私自身の実感としてもそうでしたが「もっと色んな研究機関が協力し合って研究を進めたら無駄が省ける部分があるんじゃないか」と思われる部分が多々あります。同じことは企業の研究開発にも言えるはずです。

どういう競争が「良い競争」かというのは、結論を出すのはなかなか難しいですが、一つ個人的な直感を言うと「アイディアやコンテンツの価値を決めるのは市場原理が向いているが、食料やエネルギーなど、人が生きていくうえで最低限必要なものの配分を決めるのには、実は市場原理は向かない」と思っています。直感なので理由の説明も難しいですし、一方で「かといって『食料価格が高騰するからバイオ燃料は禁止すべき』というのも暴論ではないか」という思いもあるので、断言するのは憚られるのですが、以前からそういう思いがあります。

どれがどうであるか結論を出すのは難しいにせよ、「市場メカニズムには意識すべき『使いどころ』がある」、というのは、持っておく価値のある感覚ではないかと、私は思っています。

OIAS非定例ミーティング

今日、OIASのメンバー(といっても二人ですが)の都合が良かったので、非定例ミーティング(といっても二人で会っただけですが)を行いました。OIASの今後について、OIASの現状について、そもそもOIASってなんだっけ?というような重要な(?)話し合いをしました。

そもそも(一応名目上は)OIASでは良いコンテンツを発表するとポイントをもらえる「GiAnTa BBS」を実装して、それを盛り上げるために我々自身も提供するコンテンツとして「オイアスクール」に載せているような楽曲や小説を用意していたはずなのですが、GiAnTa BBSが公開しているような、していないような、実装も止まったまま宙ぶらりんの状態で止まっているので、どうしようかというのが主な議題です。

じゃあなぜGiAnTa BBSがこんな状態になっているかというと、作ったところで使ってもらえる見込みが無さそうだというのが主な理由で、というかそもそも、もう一人のメンバーである理事(?)のF君はGiAnTa BBSに興味があるのかどうかも微妙で、単にコンテンツの発表の場が欲しいだけという話もあります。

ともあれ、結論としてはOIASをもっと知ってもらうためにマーケティングなり営業なりの努力が必要だよね、ということになりました。その過程として今、本業とは別に手伝っているEzBzyの手伝いを続けていくのは悪くない選択肢だね、ということにもなりました。一方で今後の活動としては電子書籍の出版を目指す、という大きな目標もできました。

そんな感じでボチボチやってますので皆さま生暖かい目で見守って頂ければ幸いです。

ChromecastでiPhoneから一般Webサイトの静止画をテレビに飛ばす方法

普段、最新のデジタルガジェットなどにはあまり飛びつかない私ですが、ちょうどiPhoneから一般のWebサイトの画面をテレビに飛ばしたいと思っていて、今話題の「Chromecast」を買ってみました。

要注意なのはChromecastではスマホ自体の画面をテレビに飛ばすことはできない、という点です。あとこれは私も買った後で知って「しまった」と思ったんですが、iPhoneでもAndroidスマホでも、Chromeで見ている一般Webサイトの画面をテレビに飛ばすことはできません。(PCからは可能の模様でそこが紛らわしい)

一般Webサイトの画面をiPhoneに飛ばすには「BrowseCast for ChromeCast」という有料(300円)アプリを使う必要があります。使ってみましたが、テレビの画面の下の方に空白ができてしまうなど、イマイチな所はありますが、一応目的を達成することはできました。ただしスパイウェアの類が組み込まれていないかどうかについては、大丈夫だとは思いますが検証したわけではないので自己責任でお願いします。また、独自ブラウザを使っているようなのでその辺もセキュリティ的に大丈夫なのかは気になるところです。

一部でiPhoneApple社から制限がかかっているのでブラウザの画面をテレビに飛ばすのは不可能、という情報も流れていましたが、現にこうして実現できているアプリがあるので、可能ではあるはずです。もっと使い勝手の良いアプリが、このソフトの改良版としてでも別のところからでも良いので出てきてくれることを願っています。

プログラミングの楽しさ

twitterでもつぶやきましたが、最近、プログラミングをする機会が増えてきています。そのおかげか、プログラミングの楽しさを再認識しています。

機会というのは、一つには本業としてプログラミングができる状況になりそうなことです。それとは別にある会社の英語の教材のシステムの開発を、そちらは賃金をもらうのとは別の形のメリットがあるので手伝っています。さらにもう一つ、今までGiAnTa BBSとして構想していたシステムをAsk Monaという掲示板でAPIを利用させて頂いて実現を目指しており、合わせて3つのプログラミングの機会があります。

一時期、自分はプログラミングには向いてないんじゃないかとか、プログラミングを仕事にしてもあまり報われないんじゃないかとか思って、別の道を目指したこともありますが、最近はプログラミングの良さの方を強く感じます。

昔は色々アイディアを考え出して実現できもしない構想を練ることが好きで、誰かがそれを実現してくれればいいのに、と甘い考えを持っていましたが、このブログでも紹介したことのある、とある人が、自分より年も上でプログラミング経験も少ないのに、自分の力で自分の構想を実現しようと、ひたむきにプログラミングの勉強をしているのに感銘を受けたのも、プログラミングをしたいという気持ちを取り戻したきっかけの一つです。

人を動かす力がある人なら、プログラミングを他の人に頼むのも悪い選択肢ではないと思いますが、私には向いていないと最近は感じます。むしろ今のところ「英語の教材のシステムの開発」が一番コミュニケーション能力を必要とするような気がして、そのせいか、なかなか思うように進んでいないのが現状です。

Ask Monaのシステムは、もともと自分がやりたいことでもあり、モチベーションとしても高く取り組んでいたんですが、今ちょっと壁にぶつかって中断しています。Ask Monaの方がせっかく運よく巡り会えた自分の構想を実現するチャンスではありますが、英語の教材のシステムの方も、同じく自分の構想を実現するための道と信じて取り組むと誓った以上、途中でやめるのは男がすたると思うので、そろそろ本腰を入れて取り組もうと思います。

もちろん本業でのチャンスに支障が出ないようにというのも大前提で、難しいバランスをうまく取って行く必要がありますが、今後もプログラミングを楽しんで行けたらと思います。

Bitcoin, Ripple, Monacoin

意外なことに実はまだ、このブログでビットコイン(Bitcoin)のことを話題にしたことが無いようです。ビットコインとは何かについては、検索すれば色々でてくると思うので敢えてここでは解説しません。

おもしろいのはビットコインには今月初めの時点で1400ともいわれる亜種があることです。私が特に最近注目しているビットコインの亜種であるリップル(Ripple)とモナーコイン(Monacoin)について話題にします。

Rippleでは採掘(と呼ばれるコンピュータの計算)に世界中で膨大な電力が消費されており、それが無駄になっています。そこで、現状Bitcoinでさせている無駄な計算の代わりに人類に役立つ科学技術計算をさせて、消費される電力を少しでも有益なものにしよう、という特徴もあるのが「Ripple」です。全ての貨幣は「物語本位貨幣」である、という名言Facebookで見かけましたが、有益な科学技術計算をした結果生み出された貨幣だから価値がある、という物語は、単に偽造されない電子データだから価値があるというのより説得力がありそうです。

Monacoinは日本で生まれた暗号通貨ですが、「皆でハッシュを見つける”ゲーム”」の「見つけたご褒美として」もらえる「ゲーム内通貨」であると称している所がユニークです。実際は法定通貨(日本円)で買うことはそれなりのステップを踏めばできることにはできるのですが、日本円とは一味違った価値を感じさせます。何よりMonacoinが投げ銭として結構有意な役割を果たしている「Ask Mona」という掲示板があるのが、特にポイント制掲示板「GiAnTa BBS」の構想を練っている私には魅力的です。ありがたいことに住民の方に、私のGiAnTa BBSについても有益な議論に付き合って頂きながら広めることもできました。

これからAsk Mona投げ銭をするために、ちょっとMonacoinを購入しようと思ってます。あまり多くのMonacoinを買い占めるのは邪道かもしれませんが、適量を適切な目的にに使うためなら、多くの既存ユーザーさんにも認めてもらえるのではないでしょうか。

シリーズ「パズドラについて」No. 2

実は最近少しずつですがパズドラをやる日があります。ログイン特典をもらうためにログインだけするんじゃなくて、プレイしています。ブログを書くことで、またちょっとやりたいという気持ちが出てきたのかも知れません。

前回、私がパズドラをやっていると使わないモンスターがたまっていく、という話をしましたが、その理由として「モンスターが自分の意思に反して失われるリスクが無い」ことも挙げられます。これはパズドラに限った話ではなく、私が少ないながらやってみたソーシャルゲームではもれなく、希少性のあるアイテム・カード・キャラ・モンスターなどはユーザーの意思に反して失われることはないようでした。一方、アイテム課金ではない昔のネットゲームでは、敵とのバトルに負けるなどすると自分の意志に反してアイテム等が失われることにつながることが多かったように思います。

このことは一度手に入れたものはなるべく手放したくない私にとってはうれしいシステムではあります。しかし「敵とのバトルに緊張感がなくなる」というデメリットがあります。それ以上にまずいのは「一度レアな(使う価値のある)アイテム(パズドラの場合モンスター)を手に入れてしまうと、それより使う価値のないアイテムの必要性が無くなってしまう」という欠点がますます顕在化することです。

パズドラには、バトルに行くと消費され、時間が経つと回復する「スタミナ」というパラメータがあります。これによってプレイヤーには「スタミナが回復するまで待つ」という行動が促されます。これは「子供がゲームを長時間やりすぎないようにする」という効果を狙っているのかも知れませんが、私自身やり始めたときは明らかにやりすぎと思えるくらいの時間プレイしていた記憶もあり、効果があるのかどうかは疑問です。

もしこの「スタミナ」がプレイヤーに対してではなく、モンスター一体一体に対してそれぞれ設定されていたらどうでしょう?強い(使う価値のある)モンスターをいつも使うためには「待つ」という行動が必要とされますが、少し弱いモンスターで我慢すればゲームを続けることができます。子供が長時間云々という意味ではモラルの面で少し劣るシステムになりますが、弱いモンスターも残しておく価値が生まれます。なお、この場合スタミナの回復にかかる時間は現状より長くする必要があるでしょう。

実はこの「スタミナをモンスターに設定する」というアイディアを発表することが、パズドラについて延々と書き続けてきた目的だったりします。という訳でパズドラについての話題はここでいったんストップとしたいと思います。また何か思いついたら書くこともあるかも知れません。それでは。

警察24時系番組に見る互いの不正を正当化するためのマスコミと警察の癒着

パズドラの話題が続いている所ですが、今回たまたま警察24時系のTV番組を見てちょっと別に書きたい事ができたので書きます。

今回たまたま見たのは、警察が不審な男を見かけて職務質問しようとしたところ、その男が仲間を呼んだり弁護士を呼んだりして騒動が大きくなって、結局今回はその男が持っていた大麻を証拠隠滅のためにポケットから放り出したところを警察が抑えて逮捕した、というシーンです。

これだけ見れば、悪かったのは結局その男で警察は正義ですね、という印象を多くの視聴者が持つでしょう。その男の仲間が「職務質問は任意の範囲内でしろよ!」などと騒いでいましたが、それは警察の行動を邪魔するための屁理屈だ、という印象を私でさえ一時持ちました。そしてそれがまさに番組製作者の意図に違いありません。

しかし本当に警察の捜査の上で、多少のルール違反は認めてしまってよいと、このリンク先http://d.hatena.ne.jp/mln244/20110224を見ても言えるでしょうか?リンク先では取り調べ中の暴言事件について触れていますが、「多少のルール違反」がエスカレートた結果、「人生をめちゃくちゃにしてやる」と言うまでの暴言が出てくるに至ったのではないのでしょうか。

ではなぜ警察のルール違反を擁護したい勢力(もっとも上記リンク先も情報源はTV放送ですから、マスコミも一枚岩ではないことが推測されます)がマスコミの中に存在するのでしょうか?

マスコミも判決前の容疑者の段階の人物を、さも犯人であるかのように報道し面白おかしく騒ぎ立てる、という「ルール違反」で視聴率を稼いでいますから、その「ルール違反を黙認する」という体質同士の者がかばい合うように癒着し、不正を正当化している、と言ったら私の邪推が過ぎるでしょうか?